EDを終わらす

EDを終わらす

EDだからってあきらめる必要なし。日々、医療は進歩していて治療法や治療薬もたくさんあります。現実から目を背けないでまずはEDや自分自身の原因を知り、向き合いましょう。

EDと言える状態とは

うつ病や風邪、インフルエンザ、腰痛、眼精疲労、こういった体調不良は社会人男性の暮らしにつきものです。この内、いくつかの体調不良を経験し、お薬や通院で治療を受けた方々も多いはずです。また近年では家庭や職場、周囲の人間関係のストレスからEDに悩む社会人男性の姿も目立ってきており、不妊や少子化の遠因だと分析されています。EDと言える状態は、実のところ非常に広義です。世間一般では加齢などによってペニスが性的刺激を受けても、全く無反応になってしまっている状態をEDと呼称するケースが多いです。しかし、それはあくまで一例であり、実際は重度、中度、軽度といった複数のステップに区分されており、加齢によって性交や自慰が不能になる状態は最も重い状態と指しているだけです。まず軽度のEDと言える状態は、ペニスが性的刺激によって正常に勃起するものの、固さを維持するのが難しく、挿入やコンドーム使用時に手間取る、といったケースを指します。またペニスはペッティングを受け次第、即座に勃起するが、性交への不安から短時間で萎えてしまうのも軽度EDの特徴です。そして次に中度EDの状態ですが、ペニスは女性に触れる事で勃起するものの、固さが最初から不足しており、挿入する事が困難になっているケースを指します。加えて、正常に勃起する日もあるが、高い頻度で勃起に長時間の助走が必要な日が出て来た等のケースも中度EDのステップに区分されます。主に三段階に分けられるEDの状態、特に若い男性は軽度のものに悩まされます。30代から40代の方は中度、そして50代から60代以降の方は重度の問題に苦しめられます。いずれもメンズクリニック等でのケアが大事であり、医薬品を利用する事で大抵の問題は克服出来ます。

EDになる原因とは

EDとは勃起不全、勃起障害と訳される病気です。勃起に対しての支障をあらわしている言葉ですが、勃起の程度や、勃起に対しての満足度などは個人によって異なります。そのため、満足な性交渉を行うのが難しい程度の勃起に対する支障と言う定義が、専門的にはなされています。十分な勃起が実現されるためには、性的刺激を受取ること、それが神経系を介して陰茎海綿体に伝わること、そして陰茎海綿体の血管が拡張され、血液が十分に流れ込むことが必要です。ですからこの内のどこかに、何かを原因として支障が発生すると、それがEDの原因となります。まずは心理意的な要因です。ストレスや不安、うつ状態、更には性的事柄対してのトラウマや嫌悪感などがこれに該当します。これらがあると性的刺激に対する感受性が薄くなってしまう、あるいは性的刺激そのものを感じなくなるために、勃起に必要なスイッチが入らなくなってしまうことが考えられます。それから神経系や血管、血流に対する支障の原因としては、年齢や疾病、手術や外傷などを挙げることができます。年齢を重ねると、どうしても体の機能と言うのは衰えやすくなりますから、それによってEDが発症する場合もあります。また年齢を重ねていない人でも、生活習慣の積み重ねによって発症する高血圧や糖尿病などの生活習慣病によってEDを発症する人が増えてきています。高血圧は血管や血流の、糖尿病は神経系の健康を阻害する大きな要因になり得る疾患ですから、ED予防を意識するのであれば、こうした疾患にならないような生活習慣を送る必要があります。手術や外傷の場合は、命を救うため、あるいは生活の質を守るため、やむを得ないと言う側面もあります。ただ最近では、医療技術の進化や治療薬の進歩などによって、勃起に必要な機能を保つような手術法をとる医師も増えてきていますし、外傷に関しても、治療薬を飲み続けることで治癒する場合もあります。

EDを治療するには

EDを治療するためには、その原因を特定することが第一です。どんな効果的な治療法や治療薬も、その人のEDの原因に合っていなければほとんど効果を期待するのは難しいからです。EDの原因としては、ひとつは心因性が考えられます。性的事柄に対するプレッシャーやトラウマ、嫌悪感をはじめ、仕事や人間関係のストレスなどもここに該当します。この場合、治療においてはそれを解決することが求められます。うつ状態の場合には、専用の治療薬が使用されることもあります。しかしそうした治療薬を使用しなくても、日常的なストレスと距離を置くと言うだけでも、治療としての効果が十分に出てくることも少なくありません。またパートナーとの間に、性的交渉に関して意見の相違がある場合は、それが原因になっていることもあります。この場合は、それを解消するためにパートナーと話し合いをすることが必要です。それから年齢や病気、手術や外傷がEDの原因になることもあります。神経系や血管、血流にダメージがあると、性的刺激が陰茎に伝わらない、陰茎が勃起するための血液が届きにくくなるためです。この場合、治療はその人の体の状態に合わせて行われます。神経系や血管、血流にダメージを与えている疾患が明らかな場合には、その治療が優先されますし、そうでない場合は、生活習慣の見直しなどが取り入れられます。いずれにしても、これらの原因は、自分ひとりで判断するのはなかなか難しいのが現状です。また自分ひとりで判断してしまった場合、正しい治療法が選択できないことも考えられます。ですからEDと思しき症状が出てきた場合には、まずは医療機関に相談をするのが最善です。ED治療を専門としている医療機関、または泌尿器科に相談をするのがベストです。
●EDの薬はどれが良いのか迷っている方はこちらをチェック
ED治療薬を選ぶ時の参考ページ
●ED3大治療薬の紹介です
シアリス
●ED治療薬の代表格
バイアグラ 通販
●即効性があり使いやすいと人気のED治療薬
レビトラ