EDを終わらす

EDだからってあきらめる必要なし。日々、医療は進歩していて治療法や治療薬もたくさんあります。現実から目を背けないでまずはEDや自分自身の原因を知り、向き合いましょう。

専門病院や通販で手に入るED治療薬は半分にして服用

年齢を重ねると、代謝機能が衰えたり、血流が悪くなるので、高血圧や糖尿病などの生活習慣病になる人もいれば、EDになって、まともな性行為が出来なくなってしまう人もいます。
生活習慣病は自分だけの問題で済みますが、EDはパートナーにも不満を与えてしまうので、早く改善したいと思っている方もあるでしょうね。
EDは病気ではなく、加齢やストレス、日々の生活習慣などが原因で起こるため、ストレスをためないようにしたり、規則正しい生活を送るようにすれば、治る可能性があります。
それでも治らないときは、専門病院で相談すれば、バイアグラなどのED治療薬を処方してくれるので、用法・用量を正しく守って服用するようにしましょう。
バイアグラの適量は、日本人の場合は25~50mgなので、最初は25mgから始めて、効き目がない場合は50mgを利用するようにしたいですね。
それでも効果がなかったときは、バイアグラが体質的に合っていない可能性があるので、レビトラやシアリスなどの別のED治療薬を処方してもらうようにしましょう。
これらのED治療薬は、個人輸入代行通販でも買えるので、安く手に入れたい方はサイトで注文するようにしてください。

個人輸入代行通販を利用すると、シルデナフィルを100mgも含んだバイアグラや、バイアグラジェネリックが売られていることがありますが、それをそのまま飲むと効き目が強すぎるので、注意が必要です。
小柄な日本人が飲むには100mgだと多すぎますから、めまいや頭痛、吐き気などの副作用の症状が強くあらわれることがあります。
薬が切れると治まりますが、そんな状態では性行為どころではなくなるので、日本人が100mgを購入したときは、ハサミやカッターで半分にしたり、4分の1の状態にしてから飲むようにしてください。