EDを終わらす

EDだからってあきらめる必要なし。日々、医療は進歩していて治療法や治療薬もたくさんあります。現実から目を背けないでまずはEDや自分自身の原因を知り、向き合いましょう。

EDに自力で対処する方法とは

EDは早期のうちに自覚して対策すれば、比較的簡単に治すことができます。
どのような病気にも言えることですが、早期発見・対策ほど効果的な解決法はありません。
初期の段階では自力でも対処できるので、ペニスが小さくなってきた、以前と比べてかなりやわらかい、射精感が弱くなった、などと感じたら注意しましょう。

基本的な対処方法は、血流を促進すること、そしてストレスを解消することです。
非常にシンプルな対策ですが、この2つを実践するだけで勃起力はアップします。
もし何の変化も得られない場合は、かなり重症化していると考えられます。

血行促進のためには、食事内容の見直しが必要でしょう。
食事内容が反映してしまうのが体型と血管状況なのです。
例えば、脂肪分の多い食事ばかり摂っていると、肥満や血液ドロドロなどを招くことになります。
血流が悪くなるほど、比例するようにペニスの元気もなくなります。
ペニスが減退してきたら、老化やスタミナ不足が原因だと考える方は多いですが、それ以上に関係しているのは血行不良なのです。
そもそもEDとはペニスよりも、血液の病気に近いと言われています。

ストレスは溜まりすぎると、カラダにとって何もメリットがありません。
適度なストレスは集中力を高めるなどのメリットがありますが、睡眠をとって抜けないストレスは危険です。
朝スッキリ起きられない方は、朝の対策からしてく必要があります。
毎日夜10時までに眠るように心がけてみましょう。
これを実践するだけで、ストレスが抜けて朝の目覚めがよくなるケースが多いのです。
ストレスの溜まる生活習慣自体を改善することが難しいなら、睡眠で解消していくのが好ましいでしょう。
心因性のEDという言葉があるように、慢性的ストレスはEDを促進させます。